【テーブル】おすすめのテーブルはこちら!家具選び通販ナビ

テーブル テーブル
スポンサーリンク

テーブルの選び方&おすすめ商品を大特集

テーブルは、生活のいたるところで活躍する家具です。

つまりテーブルは、その上に物を置くという人間の生活や行動を補助する役割を持っています。ですので、テーブルを何の役にたたせるかという用途に応じてテーブルを選択する必要があります。

例えば、リビングにテーブルを置く場合、デザイン重視で選んでしまいがちですが、実は、もっと注目すべきポイントは、用途を考慮した上でのサイズが重要となります。そのように用途を考慮した上で好みのデザインを選ぶと、失敗の少ないテーブル選びをすることが可能となります。

このページでは、具体的にどのようなポイントに注意してテーブルを選ぶのが良いかについてご説明をしますので、ぜひ参考にしながら、あなたの生活にぴったりのテーブルを見つけてください。

リビング用のテーブルを選ぶ際の3つのポイント

自分の家のリビングに合ったテーブルを探す際には、以下の3つのポイントに注目しましょう。

1)テーブルの幅

テーブルをソファに合わせる場合、テーブル幅はソファの座面よりも少し小さいサイズを選ぶ必要があります。その理由は、ソファーへのスムーズな動線を確保するためです。

目安として、2人掛けソファなら、テーブル幅は75~105cmくらい、3人掛けであれば105~140cmくらいがおすすめです。

テーブルを選ぶ際は、あらかじめソファの横幅を測っておきましょう。ただし、フロアに座ってテーブルを使用する場合、使用する人数や用途、置く場所の広さに合わせてテーブル幅を決めるようにしましょう。

2)テーブルの高さ

テーブルの高さは、使う用途に応じて検討する必要があります。

まず、テーブルをソファに座って使うのか、フロアに座って使うのかで選ぶべきテーブルの高さが違ってきます。

ソファに座って使う場合は、「ソファの座面高+0~5cm」を目安にすると、ちょうど良い高さになるでしょう。

また、ソファに座った状態で、テーブルでパソコンを操作する場合は、姿勢が前かがみになると疲れやすいため、少し高めの「ソファの座面高+8~20cm」を目安にすると良いでしょう。

一方、テーブルをフロアに座って使う場合は、30~42㎝程度の高さがおすすめです。この高さが、食事をするにも作業をするにもちょうど良い高さとなります。

さらに、ソファとフロア、どちらに座った状態でも使いやすいテーブルの場合は、高さ38~42㎝を目安に選ぶことで、兼用しやすい高さとなります。

3)テーブルのデザインや素材

テーブルはデザインもさまざまです。たとえば、天板の形にも、長方形、正方形、円形、楕円形、三角形など、いろいろな種類があります。

このようなテーブルの形において、正方形、長方形、円形、楕円形の順に、多くの人数で使用するのに適することになります。なお、小さいお子さんがいる場合、角が丸いタイプを選ぶことで怪我をする危険性を回避することが可能になります。

テーブルに使用する素材には、主に木材、ガラス、プラスチックなどが挙げられます。

特に、木材の場合、木の種類によって見た目の印象がかなり違ってきます。例えば、ウォルナット、オーク、パインなどの素材によって雰囲気が左右されるため、設置する部屋とのマッチングを考えながら選びましょう。

なお、他の家具と同じ素材や同じカラーのテーブルを選ぶと、お部屋全体に統一感が出ます。

色々なテーブルについてご案内します。

センターテーブル

ソファに座る場合と、床に座る場合とで、適する高さが異なることになります。
ソファに座る場合は、ソファの幅との関係でテーブルを選びましょう。
テーブル幅はソファの幅よりも少し小さいサイズを選ぶようにしましょう。

詳細ページへ >> センターテーブル


北欧風ダイニングテーブル

北欧家具に使用される天然の無垢材は、肌触りも良く、部屋に暖かさを与えます。そんな北欧風のテーブルは、木材の持つ特徴を生かすことができるシンプルなデザインを選びたいですね。

詳細ページへ >> 北欧風ダイニングテーブル


リフトテーブル(昇降テーブル)

テーブルの天板を昇降して高さを調節可能にできるリフトテーブルは、床面に座って使用したり、ソファや椅子に座って使用することができるため、昇降機能に使用される脚部の構造にも注意をしましょう。

詳細ページへ >> リフトテーブル


ローテーブル

ローテーブルは、センターテーブルと同様に、ソファに座る場合と、床に座る場合とで、適する高さが異なることになります。ソファに座る場合は、ソファの幅との関係でテーブルを選び、テーブル幅はソファの幅よりも少し小さいサイズを選ぶようにしましょう。

詳細ページへ >> ローテーブル


折り畳み式テーブル

折り畳み式テーブルは、脚部を簡単に折り畳むことができる構造のものを選びましょう。また、折り畳み式テーブルで大切なことは、脚部を展開して伸ばした状態にした時、天板にガタが生じないものを選ぶようにしましょう。

詳細ページへ >> 折り畳み式テーブル


サイドテーブル

サイドテーブルは、ソファーやベッドの補助として使用するものですから、移動が簡単にできる簡易的なスタイルのものを選びましょう。また、サードテーブルは、使用する用途に応じて適するものを選ぶようにしましょう。

詳細ページへ >> サイドテーブル


おしゃれなテーブル

テーブルにも色々なデザインのものが販売されていますので、好みや設置する場所に応じて選ぶようにしましょう。

詳細ページへ >> おしゃれなテーブル


タイトルとURLをコピーしました