新紙幣が最速で手に入るのは埼玉県と熊本県!どこで?手数料は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年7月3日から発行される新紙幣。

新しい1万円札には渋沢栄一、5千円札には津田梅子、千円札には北里柴三郎が描かれます。

古い紙幣の使用期限についてですが、新紙幣の発行後も従来の紙幣は引き続き使用可能です。

「古い紙幣は使えなくなる」「新紙幣と交換する必要がある」といった電話がくる詐欺も始まっているそうで要注意ですね。

さて、その話題の新紙幣を一番早く手に入れる方法はあるのでしょうか?

調査してみました。

目次

新紙幣が最速で手に入るのは埼玉県と熊本県!どこで?手数料は?

新紙幣が最速で手に入るのは埼玉県深谷市と熊本県

新紙幣が一番早く手に入るのは埼玉県深谷市と熊本県

3日に日銀で発行が開始され、各銀行へと届けられる新紙幣。

埼玉県りそな銀行深谷支店では3日の13時より交換・両替が開始されるとのことです。

また、熊本県肥後銀行本店では、本店に届いた紙幣が各店舗に届き次第、窓口での新紙幣への交換・両替が可能になるとのことでした。

すでに新紙幣の両替の予約も数十件入っているそうで、やはりいち早く手に入れたい人は多いみたいですね。

また、埼玉県深谷市では、

新紙幣発行の喜びをいち早く分かち合うとともに、福沢諭吉翁から渋沢栄一翁への肖像のバトンタッチの瞬間とその感動を肌で感じてもらいたい

深谷市HP

との思いから、旧1万円札と新1万円札を交換するイベントが開催されます。

新一万円札交換会in深谷

日時:令和6年7月3日(水)午後5時45分~
(注)新一万円札がなくなり次第終了。

場所:深谷市役所本庁舎1階 埼玉りそな銀行深谷支店派出所(西側総合案内隣)

内容:渋沢栄一翁肖像の新一万円札と現在使用できる一万円札の交換

交換詳細

  • 交換枚数は先着300枚(300人)限定。
    (注)事前予約不可
  • 交換は1人1回、新一万円札1枚。
    (注)現一万円札以外の紙幣との交換は不可
  • 交換は無料。(手数料等はなし)
  • 市民に限定せず、どなたでも交換可能。

なぜ埼玉県深谷市と熊本県なの?

なぜ埼玉県深谷市の埼玉りそな銀行と熊本県の肥後銀行で、いち早く新紙幣に両替ができるのでしょうか?

埼玉県深谷市の理由

それは、新1万円札に描かれる渋沢栄一が、1840年3月16日に埼玉県深谷市の農家に生まれたからです

また、渋沢栄一は日本の実業家として知られ、近代日本の経済発展に多大な貢献をしました。

主な功績

  • 日本初の銀行設立に携わる
  • 生涯で約500社以上の企業設立に関与
  • 約600の社会事業にも参画

また、渋沢栄一は「論語と算盤」の著者として知られ、道徳と経済の両立を説く「道徳経済合一説」を唱えました

彼の思想は、倫理に基づいた経済活動の重要性を強調しています。

渋沢栄一は1931年11月11日に91歳で亡くなりました

その生涯を通じて、日本の近代化と経済発展に大きな影響を与えたため、「日本資本主義の父」とも呼ばれています。

熊本県の理由

また、新千円札に描かれる北里柴三郎が、1853年1月29日に熊本県阿蘇郡小国町北里で生まれたからです。

北里柴三郎は、日本の近代医学の発展に大きく貢献し、国際的にも高く評価された細菌学者です。

主な功績

  • 破傷風菌の純粋培養に世界で初めて成功
  • 血清療法を開発し、伝染病の治療に貢献
  • ペスト菌を発見し、ペストの予防法を確立
  • 私立伝染病研究所(後の北里研究所)を創立

新紙幣の手に入れ方

新紙幣はどこでどのようにして手に入れるのでしょう?

新紙幣への交換・両替は銀行窓口での交換が最も確実で一番早い方法です。

各銀行の対応

埼玉りそな銀行
・3日からおよそ100の店舗で、窓口や両替機で新紙幣の出金や両替に対応。
・早ければ午前中に手に入れられる可能性もあり。

肥後銀行
・新紙幣の発送開始は発行日当日に行われるため、7月3日(水)当日の各営業店の開店時間にはまだ新紙幣は届いていない。
・各店舗に新紙幣が届き次第、窓口で交換・両替が可能。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
・初日の3日は混乱を避けるため、新紙幣の取扱店舗は一部に限定。
・原則4日からの取り扱い。

新紙幣への交換に手数料はかかる?

新紙幣の交換に手数料はかかるのでしょうか?

基本的にはどの金融機関でも同じ金種への両替(旧1万円札から新1万円札等)は通常無料です。

しかし、以下のような場合に手数料が発生することがあります。

交換の回数や金額による
一度の交換で大量の紙幣を交換する場合や、交換の回数が多い場合に手数料が発生することがあります。

肥後銀行では
・枚数制限…7月5日まで万円券・千円券はおひとり様100枚まで、五千円券はおひとり様10枚まで。
7月8日(月)以降の制限はなし。

・新紙幣への両替、新紙幣を指定した引き出し…7月3日、4日、5日の3日間は手数料無料。

ATMはどうなるの?

新紙幣のATMでの取り扱いはどうなるのでしょうか?

約9割のATMで新紙幣の取り扱いは可能です。

しかし、各銀行は積極的にATMへ新紙幣を積極的には充てんしない方針です。

各銀行の対応

埼玉りそな銀行
・3日は窓口対応を優先するため、4日以降の充てん。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
・ATMへの充てんは積極的には行わない方針。

特に、ATMは定期的な精査(週1回程度)で内部の現金を総入れ替えします。

そのため、新紙幣を充てんしたタイミングでなければ出てくる可能性はありません。

最初のうちは、現金を引き出す際に新紙幣と旧紙幣が混在することになりそうです。

まとめ:新紙幣が最速で手に入るのは埼玉県と熊本県!どこで?手数料は?

いかがでしたでしょうか?

新紙幣を一番早く手に入れることが出きるのは、埼玉りそな銀行と肥後銀行。

中でも、渋沢栄一ゆかりの地ということもあり、埼玉県深谷市の埼玉りそな銀行と、北里柴三郎ゆかりの地ということもあり、熊本県の肥後銀行が最速での取り扱いということでした。

また、埼玉県深谷市では無料で旧1万円札と新1万円札を300枚限定で交換してくれるイベントも行われるということでした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次