ロフトベッド|天然木とスチールを組み合わせたこだわりのデザイン

ロフトベッド ベッド
スポンサーリンク

ロフトベッド|おしゃれなデザインのロフトベッドのご紹介です!

「ロフト(loft」)とは、「屋根裏」とか「中二階」などの意味を持っているようです。そして、「ロフトベッド」とは、ベッドの床部分が高い位置にあり、その下が勉強机やソファ、ハンガースペースなどに使用できるベッドを言います。

そのため、「ロフトベッド」は、ベッドの下方空間を効率的に使うことができるので、子供部屋や一人暮らしのワンルームマンション・アパートなどに最適となります。


このページでは、デザインや機能性にこだわった様々なロフトベッドをご紹介します♪


伸縮式のロフトベッド【Scelta-high】シェルタハイ

ベッドの長さが7段階、160cm~210cmに調整可能です!

ロフトベッド

このロフトベッドは、子供から背の高い大人まで、生活や自分の身長に応じてベッドの長さを調整することができます。

このように、ロフトベッドで長さが調整できるベッドはなかなかありません。ベッドの下方を勉強部屋として使い、身長が伸びてもずっと長く使えます。ロフトベッドでもダントツの人気です!

全長160cm~210cm(マットレス150cm~210cm)まで10cm刻みで長さ調節が可能ですから、部屋の広さに応じて、身長に応じて、ベッドの長さを調整することができます。

ですので、子供部屋にはもちろん、設置スペースでお困りの方や、高身長でベッドが狭くてお困りの男性もぴったりです。

詳細 >> 長さが7段階に調整できる伸縮ロフトベッド

なお、このベッドには、シルバー色でとてもシンプルなパイプベッド(これも同様に長さ調節が可能!)があります。これも人気です!ご参考に >> 伸縮式のパイプベッド

ロフトベッド

天然木とスチールのロフトベッド【STYLY】スタイリー

このベッドの特徴は、下の写真のように、四方の柱が天然木、ベッド部がスチール製で構成されている、デザインのこだわりにあります。

従って、下の写真のように、従来の単純なスチール製のロフトベッドとは異なり、
部屋をかなりおしゃれに構成することが可能です。

ロフトベッド

ベッドの下部に机を置くほか、下の写真のようにソファーを置くこともできます。 また、カラーは、ブラックのほかに、ホワイトも用意されていますから、
お好みで、男女ともに人気です。

このベッドは、ネット家具のジパングで、今、一番売れているロフトベッドです。

ロフトベッド

そのほかにも注目のこだわりがたくさんあるロフトベッドです。

価格 ¥ 39,958(本体¥ 36,999)

さらに詳しい内容は>>ロフトベッド【STYLY】スタイリー


>>階段付きロータイプロフトベッド【Stabile】スタービレ

高さ138センチ。高さの低いロフトベッドだから、天井が低い部屋でも使えます。

しかも、このベッドの特徴は非常に丈夫な構造でゆれたりせず、安定性が抜群です。

ベッドの下部は、大収納力のロフトベッド!階段つきだから、ベッドの下部を無駄なく有効に使うことができます。

詳細はこちらに >>階段ロフトベッド

ロフトベッド
ロフトベッド

ロフトベッド

>> 木製ロフトベッド

タイトルとURLをコピーしました