このページは広告が含まれています

キャラメルコーンのピーナッツが減った?増えたっていう人もいる!

スポンサーリンク

この記事では、キャラメルコーンのピーナッツが減ったどころか、実は増量されていたという驚きの事実をご紹介します!

あなたは、「キャラメルコーンのピーナッツが減った…」と感じていますか?

でも、それは大きな勘違いのようです。

というのは、メーカーの東ハトは、2020年のリニューアルでピーナッツを30%も増量しているという発表がありました。

この記事では、ピーナッツが増えたのになぜ減ったと感じる人がいるのか、その理由を解説したいと思います。

  1. キャラメルコーンのピーナッツが減った?増えたっていう人もいる!
    1. キャラメルコーンのピーナッツが少ない? 考えられる2つの理由
      1. 製造工程でのピーナッツ混入量の変化
      2. ピーナッツが底にたまる現象
    2. キャラメルコーン ピーナッツだけ
      1. ファンの声に応えた限定販売、惜しまれつつも販売終了
      2. ピーナッツロスを埋める救世主?キャラメルコーン アーモンド
      3. アーモンドの魅力:美味しさだけじゃない栄養価
    3. キャラメルコーンを最大限に楽しむ方法
      1. 飲み物との組み合わせ
      2. フレーバーのバリエーションを試す
      3. アレンジレシピを試す
      4. 季節限定商品をチェック
      5. ピーナッツの有無を選ぶ
    4. キャラメルコーンの歴史について
      1. 誕生と初期の成功
      2. 開発の背景
      3. パッケージとキャラクター
      4. フレーバーの多様化
      5. 50周年のリニューアル
      6. 長く愛される理由
  2. キャラメルコーンに関する:よくある質問
    1. キャラメルコーンはピーナッツなしになったの?
    2. キャラメルコーンのピーナッツだけはいつ販売?
    3. キャラメルコーンのピーナッツ減った?
    4. キャラメルコーンにピーナッツが入っている意味は?
    5. ピーナッツ揚げのキャラメルコーンってなに?
    6. キャラメルコーンの種類はいったいどれだけあるの?
    7. キャラメルコーンはいつか販売終了になることがあるの?
    8. 【まとめ】キャラメルコーンのピーナッツが減った?増えたっていう人もいる!

キャラメルコーンのピーナッツが減った?増えたっていう人もいる!

5Pキャラメルコーン(七夕)

キャラメルコーンのピーナッツが減ったかどうかについて、いくつかの情報を確認しました。

まず、キャラメルコーンのピーナッツ比率について、過去と現在の比較が行われた記事があります。

2020年8月にキャラメルコーンをリニューアルし、ピーナッツを30%増量しています。

また、10年前のデータでは、キャラメルコーン約6個につきピーナッツが1つという比率でしたが、2022年のデータではキャラメルコーン約4個につきピーナッツが1つという結果が出ています。

ネット上では、ピーナッツが減った、と感じる人がいるようですが、これにはいくつかの理由が考えられます。

  • 個体差: 一袋ごとのピーナッツの量は、どうしてもばらつきが生じます。
  • ピーナッツの位置: 袋詰めされた直後はピーナッツが上の方に多く、底の方に少ない傾向があります。
  • 過去の記憶との比較: 昔はピーナッツが多かったと感じるのは、過去を美化する感情(昔はよかった!なんて言う感情)による可能性もあります。

このデータからは、ピーナッツの比率がむしろ増加していることがわかります。

一方、キャラメルコーンのピーナッツが減ったと感じる消費者の声があるのも事実のようです。

例えば、ヤフー知恵袋にこんな記事があります。

お菓子について。 キャラメルコーンを12年ぶりくらいに買って食べたのですが、めちゃくちゃピーナッツ減ってませんか? 前は大量に入ってたのに今はひと握りくらいしか入ってません。 なにか理由があるのでしょうか?

ヤフー知恵袋 2022/3/20 20:24

例えば、あるユーザーは12年ぶりにキャラメルコーンを購入した際、ピーナッツが以前よりも少なく感じたと述べています。

このような感覚の違いは、袋ごとの誤差や個々の体験によるものかもしれません。

また、東ハトの公式FAQによると、キャラメルコーンにピーナッツが入っている理由は、塩気のあるローストピーナッツが甘いキャラメルコーンの味を引き立てるためです。

ピーナッツの量や比率についての具体的な変更については言及されていませんが、製品のバリエーションや限定フレーバーによってピーナッツの有無が異なることがあると説明されています。

総合的に見ると、キャラメルコーンのピーナッツ比率は過去と比較して増加しているデータもある一方、消費者の感じ方には個人差があるようです。

製品のバリエーションや袋ごとの誤差も影響している可能性があります。

キャラメルコーンのピーナッツが少ない? 考えられる2つの理由

キャラメルコーンを開けた時に「ピーナッツが少ない」と感じること、ありますよね。

その原因として、以下の2点が考えられます。

製造工程でのピーナッツ混入量の変化

キャラメルコーンの製造工程において、ピーナッツはコーンパフにキャラメルシロップをかけた後に混ぜられます。

公式サイトにはピーナッツの混入量に関する明確な記述はありませんが、過去には「1袋に約10粒」との情報もありました。

しかし、現在は削除されており、混入量が減った可能性が推測されます。

考えられる理由としては、ピーナッツの価格変動や安定供給の難しさなどが挙げられます。

メーカーとしては、製品の品質を維持しつつコストを抑えるために、ピーナッツの量を調整しているのかもしれません。

ピーナッツが底にたまる現象

キャラメルコーンのピーナッツは、コーンパフよりも重く、表面積も小さいため、パッケージ内で下に沈みやすい特徴があります。そのため、袋を開けた時にピーナッツが見当たらず、少ないと感じるケースが多いようです。

また、ピーナッツはキャラメルシロップが付きにくく、コーンパフ同士がくっついて固まる中で、ピーナッツだけが分離してしまうことも。この現象も、ピーナッツが少ないと感じる原因の一つと言えるでしょう。

このように、キャラメルコーンのピーナッツが少ないと感じるのには、製造工程での混入量の変化やピーナッツの物理的な性質が関係していると考えられます。

しかし、実際にピーナッツが消えてしまったわけではありません。袋の底の方を探ってみると、思わぬところにピーナッツが隠れているかもしれませんよ。

キャラメルコーン ピーナッツだけ

ファンの声に応えた限定販売、惜しまれつつも販売終了

2019年5月、長年キャラメルコーンの脇役だったピーナッツが主役となり、「キャラメルコーン ピーナッツだけ」として期間限定で販売されました。

これは、ピーナッツだけを食べたいというファンの熱い声に応えたものでした。しかし、現在この商品は販売終了しており、入手することはできません。

ピーナッツロスを埋める救世主?キャラメルコーン アーモンド

ピーナッツの販売終了を惜しむ声がある中、ピーナッツに代わる新しい味として注目されているのが「キャラメルコーン アーモンド」です。

こちらも2019年に限定フレーバーとして登場し、ピーナッツに負けず劣らずの香ばしさとコーンパフとの相性の良さで人気を博しました。

アーモンドの魅力:美味しさだけじゃない栄養価

キャラメルコーン アーモンドの魅力は、その美味しさだけではありません。アーモンドはピーナッツよりもビタミンEやカルシウムなどの栄養素が豊富で、美容や健康にも良いとされています。

ピーナッツロスを感じているファンにとって、美味しさだけでなく栄養面でも満足できる新しい選択肢となるでしょう。

キャラメルコーン ピーナッツは惜しまれつつも販売終了となりましたが、キャラメルコーン アーモンドという新たな選択肢が登場しました。ピーナッツとはまた違った魅力を持つアーモンドフレーバーを、ぜひ一度お試しください。

キャラメルコーンを最大限に楽しむ方法

キャラメルコーン

キャラメルコーンを最大限に楽しむ方法について、いくつかのポイントを紹介します。

飲み物との組み合わせ

キャラメルコーンはその甘さとサクサク感が特徴ですが、飲み物と一緒に楽しむことでさらに美味しさが引き立ちます。例えば、ミルクやコーヒー、紅茶などと一緒に食べると、キャラメルの風味がより一層楽しめます

フレーバーのバリエーションを試す

東ハトはキャラメルコーンの様々なフレーバーを提供しています。例えば、塩バニラ味、チーズコーン、レモンケーキ味、ソーダ味などがあります。これらのフレーバーを試すことで、異なる味わいを楽しむことができます

アレンジレシピを試す

キャラメルコーンを使ったアレンジレシピもおすすめです。例えば、キャラメルコーンを砕いてアイスクリームにトッピングしたり、キャラメルコーントーストを作ったりすることで、新しい食感と味わいを楽しむことができます

季節限定商品をチェック

東ハトは季節ごとに限定フレーバーを発売しています。例えば、七夕限定のソーダ味や、冬季限定のミルクチョコレート味などがあります。これらの限定商品を試すことで、季節ごとの特別な味を楽しむことができます

ピーナッツの有無を選ぶ

キャラメルコーンにはピーナッツが入っているものと入っていないものがあります。ピーナッツの塩気がキャラメルの甘さを引き立てるため、ピーナッツ入りのものを選ぶと、よりバランスの取れた味わいを楽しむことができます

これらの方法を試して、キャラメルコーンをより一層楽しんでください。

キャラメルコーンの歴史について

キャラメルコーンの歴史について詳しく調べました。

誕生と初期の成功

キャラメルコーンは1971年に東ハトから発売されました。当時のスナック菓子市場では塩味が主流でしたが、キャラメルコーンはコーンスナックにキャラメルシロップをまとわせた甘い味わいが特徴で、珍しさも手伝ってたちまち人気商品となりました

開発の背景

キャラメルコーンの開発段階では、映画館でおなじみのポップコーンが参考にされました。形状についても試行錯誤が重ねられ、最終的に現在の「C」の形に落ち着きました。

この形状は、口に入れたときのサクサク感と口溶けの良さを追求した結果です。

また、甘さだけでなく、塩気のあるローストピーナッツを加えることで、飽きずに食べ続けられる工夫がされています

パッケージとキャラクター

キャラメルコーンのパッケージは、発売当初から赤色を基調としたデザインが特徴です。

2003年には、パッケージそのものをキャラクター化した「キャラメルコーンくん」が誕生しました。

このキャラクターは、ちょっぴりドジな一面もありますが、いつもやさしく寄り添ってくれる存在として親しまれています

フレーバーの多様化

キャラメルコーンは、基本のキャラメル味以外にも多くのフレーバーが発売されています。

例えば、塩バニラ味、チーズコーン、レモンケーキ味、ソーダ味などがあります。これにより、消費者は様々な味を楽しむことができます

50周年のリニューアル

2021年には発売50周年を迎え、味に改良が加えられました。

キャラメルシロップの増量やローストピーナッツの増量が行われ、塩気と香ばしさのバランスがさらに向上しました。

また、アーモンドキャラメルコーンやビターキャラメルコーンなどの新しいフレーバーも登場しました

長く愛される理由

キャラメルコーンが長く愛され続けている理由は、その独特の甘さとサクサク感、そして時代に合わせた味やパッケージの変化にあります。

消費者調査でも「懐かしさ」を感じる人が多く、世代を超えて親しまれていることがわかります。このように、キャラメルコーンはその誕生から現在に至るまで、多くの工夫と改良を重ねながら、長く愛され続けているスナック菓子です。

スポンサーリンク

キャラメルコーンに関する:よくある質問

ここで、キャラメルコーンに関するよくある質問を調べたところ、下記のようにたくさんありました。そんな質問について調べた結果をまとめましたので、興味があったら参考にしてください。

キャラメルコーンはピーナッツなしになったの?

いつものキャラメルコーンには、ピーナッツが入っています。

でも、キャラメルコーンには他にも色々な味があって、ピーナッツが入っていないものもあります。例えば、「抹茶味」や「いちご味」のキャラメルコーンには、ピーナッツは入っていません。

ピーナッツが好きな人には、ピーナッツだけが入った「キャラメルコーンのピーナッツ」や、ピーナッツの代わりにアーモンドが入った「キャラメルコーン アーモンド」もあります。

なので、キャラメルコーンを買う時は、袋をよく見て、ピーナッツが入っているかいないかを確認してくださいね。

キャラメルコーンのピーナッツだけはいつ販売?

残念ながら、キャラメルコーンのピーナッツだけ、正式名称「キャラメルコーン ピーナッツだけ」は、2019年5月に期間限定で販売されましたが、現在は終売しています。

東ハトの公式サイトでも、この商品は終売したことが明記されています。

参考URL:https://www.tohato.jp/news/news.php?data_number=1642

この商品は、キャラメルコーンに入っているピーナッツだけを袋いっぱいに詰め込んだもので、ピーナッツ好きにはたまらない商品でした。SNS上でも「ピーナッツ好きには夢のような商品」「また食べたい」といった声が多く上がっており、再販を望む声も少なくありません。

しかし、現在のところ、東ハトから再販に関する公式発表はありません。

もしピーナッツだけを楽しみたい場合は、

  • 通常のキャラメルコーンを買って、ピーナッツだけを頑張って取り出す
  • キャラメルコーンの代わりに、ピーナッツをそのまま食べる
  • 他社のピーナッツ菓子を試してみる

といった方法が考えられます。

また、東ハトは期間限定商品を頻繁に発売しているので、もしかしたら将来的に「キャラメルコーン ピーナッツだけ」が再販される可能性もゼロではありません。東ハトの公式サイトやSNSをチェックして、最新情報をこまめに確認することをおすすめします。

キャラメルコーンのピーナッツ減った?

この質問に対しては上記でも答えましたが、減っていません。

でも、キャラメルコーンのピーナッツの量が減ったと感じる方は多いようです。

実際に、東ハトの公式サイトでは、ピーナッツの含有量について明確な記述はありませんが、過去には「1袋に約10粒」との記載があったものが、現在は削除されています。

また、2022年には、あるライターが10年ぶりにキャラメルコーンのピーナッツ比率を検証した結果、ピーナッツの割合が減っていたという記事も公開されています。(参考URL:[無効な URL を削除しました])

ただし、キャラメルコーンのピーナッツの量は、袋によってばらつきがあるようです。また、ピーナッツはコーンパフよりも重いため、袋の下の方に沈んでしまい、開けた時に少ないと感じる場合もあります。

もし、ピーナッツをたくさん食べたい場合は、

  • 袋を逆さにして振ってから開ける
  • 袋の底の方を探してみる
  • ピーナッツが多いと評判の店舗や通販で購入する
  • ピーナッツが9割入った「キャラメルコーンのピーナッツ」を探す(数量限定で販売されることがあります)

といった方法を試してみるのも良いかもしれません。

キャラメルコーンにピーナッツが入っている意味は?

キャラメルコーンにピーナッツが入っているのは、美味しさ、食感、そして製造工程における工夫など、様々な理由があります。

まず、ピーナッツの香ばしさと塩気が、キャラメルの甘さを引き立て、絶妙なハーモニーを生み出します。また、カリッとしたピーナッツは、サクサクのコーンパフとの食感の違いを生み出し、食べる楽しさを増幅させます。

さらに、ピーナッツは製造工程でも重要な役割を果たします。袋詰め時にピーナッツを最後に加えることで、輸送中にピーナッツが底に沈み、キャラメルコーン全体に風味と塩味が均等に広がるように工夫されています。

このように、ピーナッツはキャラメルコーンの味わいと食感に深みを与え、製造工程にも一役買っている、なくてはならない存在なのです。

ピーナッツ揚げのキャラメルコーンってなに?

ピーナッツ揚げのキャラメルコーンは、秋田いなふく米菓が販売しているお菓子です。東ハト監修のもと、「キャラメルコーン」の味を再現したピーナッツ揚げになっています。

一口サイズのピーナッツをカリッと揚げ、キャラメルコーン風味の甘い蜜でコーティングしています。キャラメルコーンの香ばしさとピーナッツの食感が楽しめる、新しいスナック菓子です。

全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストア、オンラインショップなどで購入できます。

キャラメルコーンの種類はいったいどれだけあるの?

キャラメルコーンは、定番商品の他に、期間限定商品や地域限定商品など、様々な種類が販売されています。その数は非常に多く、すべてを把握するのは難しいほどです。

定番商品

新しいウィンドウで開くwww.shin-shouhin.com

キャラメルコーン (定番)

  • キャラメルコーン
  • ソルティキャラメルコーン

期間限定商品

新しいウィンドウで開くwww.tohato.jp

キャラメルコーン 期間限定

  • キャラメルコーングランデミルクキャラメル味
  • キャラメルコーングランデミルクチョコレート味
  • キャラメルコーン塩バニラ味
  • キャラメルコーンレモンケーキ味
  • キャラメルコーンラズベリーキャラメル味

などなど、期間限定商品は頻繁に入れ替わります。

地域限定商品

新しいウィンドウで開くwww.areasnack.com

キャラメルコーン 地域限定

  • キャラメルコーン 桔梗信玄餅味(山梨限定)
  • キャラメルコーン 北海道チーズ蒸しケーキ味(北海道限定)

他にも、様々な地域限定商品が存在します。

その他

  • コラボ商品(例:キャラメルコーン×不二家ミルキーコラボ)
  • 過去に販売されていた商品(例:キャラメルコーン ピーナッツだけ)

など、実に多種多様なキャラメルコーンが存在します。

公式サイトの「キャラメルコーンギャラリー」では、過去に販売された商品の一部を見ることができます。

新しいウィンドウで開くwww.tohato.jp

キャラメルコーンギャラリー

参考URL:https://www.tohato.jp/gallery/caramelcorn/

新しい味に出会う楽しみがあるのも、キャラメルコーンの魅力の一つですね。

キャラメルコーンはいつか販売終了になることがあるの?

キャラメルコーンは、1971年の発売以来、長きにわたって愛されているロングセラー商品です。そのため、すぐに販売終了になる可能性は低いと考えられます。

しかし、過去には期間限定で販売された商品や、地域限定の商品など、販売終了になったキャラメルコーンも存在します。

また、社会情勢や消費者の嗜好の変化などによって、将来的に販売終了となる可能性もゼロではありません。

ただし、現在のところ、キャラメルコーンの販売終了に関する公式発表はありません。

今後も、東ハトの公式サイトやSNSなどをチェックして、最新情報をこまめに確認してみましょう。

【まとめ】キャラメルコーンのピーナッツが減った?増えたっていう人もいる!

この記事では、「キャラメルコーンのピーナッツが減った」という噂の真相に迫りました。結論から言うと、それは全くの逆!2020年のリニューアルでピーナッツは30%も増量されていたんです。

減ったと感じる人がいるのは、個体差や過去の記憶との比較など、いくつかの理由が考えられます。しかし、実際にピーナッツが増えているという事実は揺るぎません。

今回の記事を通して、キャラメルコーンのピーナッツに対する認識が変わったのではないでしょうか?ぜひ、ピーナッツ増量後のキャラメルコーンを改めて手に取って、その美味しさを再発見してみてください。

ピーナッツとキャラメルのハーモニー、そしてカリッとした食感とホクホクとした食感のコントラストは、きっとあなたを虜にするはずです。

タイトルとURLをコピーしました