このページは広告が含まれています

8月のお盆は何日から何日までですか?何をする?してはいけないことは?

お盆の行事 精霊流し
スポンサーリンク

8月のお盆は、ご先祖様をお迎えし、家族そろって過ごす大切な時期です。しかし、近年は忙しさにかまけて、お盆本来の意味や過ごし方を忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、8月のお盆がいつからいつまでなのか、何をすべきなのか、逆にすべきではないことは何かなど、お盆に関する疑問を余すところなく解き明かします。

さらに、お盆にまつわる興味深いエピソードや、地域によって異なる風習などもご紹介!

8月のお盆を充実させたい方、ご先祖様への感謝の気持ちを忘れずに過ごしたい方、ぜひ最後までご覧ください。

8月のお盆は何日から何日までですか?

8月のお盆

8月のお盆は何日から何日までですか?

2024年(令和6年)のお盆は、8月13日(火曜日)から8月16日(金曜日)までの4日間です。

地域によっては、7月や9月にお盆を行うところもありますので、ご注意ください。

また、2024年は8月11日(日)が「山の日」の祝日、8月12日(月)が振替休日となるため、企業によっては8月10日(土)から8月18日(日)まで最大9連休となる場合もあります。

お盆ってそもそも、なに?

お盆は、ご先祖様の霊を迎え、供養する日本の仏教行事です。盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼ばれる仏教行事と、日本古来の祖霊信仰が融合して生まれたと考えられています。

歴史と由来

本来は旧暦の7月15日を中心とした期間に行われていましたが、明治維新後、太陽暦の採用により、新暦の8月13日から16日までの4日間が一般的になりました。地域によっては、7月や9月にお盆を行うところもあります。

盂蘭盆会は、お釈迦様の弟子である目連尊者が、亡き母が地獄に落ちていることを知り、その御霊を供養したことに由来しています。目連尊者は、お釈迦様の教えに従って供養を行い、母の霊を救うことに成功しました。

行事

お盆の主な行事としては、

  • 迎え火: ご先祖様の霊を迎えるために、玄関先や庭先で火を焚きます。新盆の場合は、麻苧(まお)という灯芯を燃やした「新盆火」を焚きます。
  • 盆棚: ご先祖様の霊供養のために、仏壇に果物やお供え物を飾ります。地域によって飾る内容は異なりますが、代表的なものはキュウリ、ナス、トマト、桃、梨などです。
  • 精霊流し: ご先祖様の霊を送り出すために、川や海に灯籠を流します。灯籠には、先祖の名前や住所を書いた短冊を付けます。
  • 墓参り: ご先祖様の墓参りをして、供養します。墓石を掃除したり、花を供えたり、線香を立てたりします。

その他

  • お盆には、帰省して家族と過ごしたり、親戚と集まったりする人も多いです。
  • お盆には、きゅうりやナスを馬や牛に見立てた「きゅうりの馬」や「なすの牛」を作る地域もあります。
  • お盆には、地域によっては様々な伝統行事やお祭りも行われます。

お盆は何をする?お盆にしてはいけないことは?

お盆は何をする?

お盆は、ご先祖様の霊を迎え入れ、供養する日本の伝統的な行事です。一般的に、以下の様なことを行います。

お盆の準備

  • 盆提灯の飾り付け: ご先祖様の霊が迷わず帰って来られるように、玄関や仏壇の近くに盆提灯を飾ります。
  • 精霊棚(盆棚)の準備: ご先祖様の霊をお迎えするための特別な祭壇を作り、季節の野菜や果物、故人の好物などをお供えします。
  • 迎え火: お盆の初日(地域によって異なります)の夕方、玄関先などで迎え火を焚き、ご先祖様の霊を家に迎えます。

お盆の間

  • お墓参り: お墓を掃除し、花やお線香、お水をお供えして、ご先祖様の霊を供養します。
  • お供え: 精霊棚(盆棚)に毎日、新鮮な食べ物や飲み物をお供えします。
  • 盆踊り: 地域によっては、盆踊りが開催され、人々が集まって踊りを楽しみます。

お盆の終わり

  • 送り火: お盆の最終日(地域によって異なります)の夕方、送り火を焚いて、ご先祖様の霊をあの世へ送り出します。
  • 精霊流し: 一部の地域では、精霊棚(盆棚)や盆提灯などを川や海に流す「精霊流し」を行います。

その他

  • 親戚との集まり: お盆は、離れて暮らす家族や親戚が集まる機会でもあります。
  • 旅行: お盆休みを利用して、旅行に出かける人も多いです。

お盆の過ごし方や風習は、地域や家庭によって異なります。

お盆のお墓参りについて

お盆は、私たちのご先祖様が現世に戻ってくる特別な期間です。この時期に行うお墓参りは、故人を偲び、感謝の気持ちを伝えるだけでなく、家族の絆を深める貴重な機会でもあります。

お墓参りの時期

一般的には、8月13日から16日までの期間であれば、いつお墓参りに行っても問題ありません。地域によっては、13日の「迎え盆」に墓参りをする風習があるところもあります。都合の良い日を選び、ご先祖様との再会を喜びましょう。

お墓参りの準備

  • 服装: 清潔感のある服装を心がけましょう。夏場でも、派手な色や露出の多い服装は避け、落ち着いた色合いの服装を選びましょう。
  • 持ち物:
    • お供え物: 花、線香、ろうそく、お水、故人の好物(生菓子、果物、お酒など)
    • その他: 数珠、ライター、掃除道具(雑巾、バケツ、ゴミ袋など)、お墓用の線香立てや花立て(お墓に備え付けがない場合)
    • 熱中症対策: 帽子、日傘、飲み物

お墓参りの流れ

  1. お墓の掃除: まずは、墓石の周りの草むしりや落ち葉拾いを行い、墓石を綺麗にしてから参拝しましょう。
  2. お供え: 花は枯れたものを片付けてから新しいものを供え、線香に火をつけ、ろうそくに火を灯します。お水は、こぼれないように静かに注ぎましょう。故人の好きだった食べ物や飲み物をお供えするのも良いでしょう。
  3. 合掌・焼香: 故人を偲び、感謝の気持ちを込めて合掌し、線香を焚いて焼香します。心の中で故人との思い出を振り返り、語りかけるのも良いでしょう。
  4. 報告: 日頃の出来事や感謝の気持ちを伝えましょう。家族が増えた、子供が生まれた、仕事で昇進したなど、嬉しい報告をすると、きっとご先祖様も喜んでくれるはずです。

お墓参りの注意点

  • 時間帯: 午前中に行くのが望ましいとされていますが、都合に合わせて問題ありません。ただし、真夏の暑い時間帯は避け、涼しい時間帯を選ぶようにしましょう。
  • マナー: 周囲のお墓参りの方への配慮を忘れずに、静かにお参りしましょう。お墓の敷地内は禁煙です。
  • お墓の状態: お墓が古くなって傷んでいる場合は、専門業者に相談して修繕を検討しましょう。

お墓参りの意味

お墓参りは、故人への感謝の気持ちを伝えるだけでなく、自分自身を見つめ直す良い機会でもあります。忙しい日々の中で忘れがちな、家族や故人との繋がりを再確認し、感謝の気持ちを新たにすることで、心穏やかに過ごせることでしょう。

お盆のお墓参りは、古くから続く日本の伝統的な風習です。形式にとらわれすぎず、故人を偲び、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

お盆のお供えについて

お盆のお供え:故人を偲び、感謝を伝えるための心のこもった贈り物

お盆は、私たちのご先祖様が現世に戻ってくる特別な期間です。お供え物は、感謝の気持ちを表すだけでなく、あの世から帰ってきたご先祖様をもてなすための大切な役割を果たします。ここでは、お盆のお供え物について、その種類や選び方、注意点、マナーなどを詳しく解説します。

お供え物の種類

  • 五供(ごく): 仏教における基本的なお供え物であり、「香・花・灯燭・浄水・飲食」の五つを指します。それぞれ、故人への祈りを象徴する線香、心を清める花、暗闇を照らすろうそく、喉の渇きを癒やす水、空腹を満たす食べ物という意味があります。
  • 食べ物: 故人の好物であることはもちろん、季節感を意識したものが喜ばれます。夏であれば、スイカや桃などの旬の果物、そうめんや冷やし中華などの涼しげな麺類、故人が好きだった和菓子などがおすすめです。また、地域によっては、ナスやきゅうりを精霊馬(しょうりょううま)に見立ててお供えする風習もあります。
  • 飲み物: 故人が好きだったお茶やお酒に加え、暑い時期には冷たい麦茶やジュースなども良いでしょう。
  • その他: 故人が愛用していた品物や、好きだった花をお供えするのも良いでしょう。

お供え物の選び方

  • 故人の好み: 生前、故人が好きだったものをお供えすることで、思い出話に花を咲かせ、故人を身近に感じることができます。
  • 季節感: 旬の食材や、その時期ならではの風習に合わせたお供え物は、ご先祖様への心遣いを示すことができます。
  • 見た目: 色鮮やかな果物や華やかなお菓子など、見た目にも美しいお供え物は、お盆の雰囲気を明るくしてくれます。
  • 日持ち: 特に夏場は、傷みやすいものや生ものは避け、日持ちするものを選ぶようにしましょう。個包装のお菓子や缶詰なども便利です。

お供え物の注意点

  • 肉や魚: 一般的に、殺生を連想させる肉や魚は避けるのがマナーとされています。ただし、地域や宗派によっては異なる場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。
  • 香りの強いもの: 香りの強い花や線香は、故人や他の霊を不快にさせてしまう可能性があるので、控えめにしましょう。
  • トゲのある花: バラやアザミなど、トゲのある花は、故人を傷つけてしまうとされ、避けるのが無難です。

お供え物の時期

  • お盆の期間中: お盆の期間中(地域によって異なりますが、一般的には8月13日~16日)は、毎日新しいお供え物をするのが理想的です。
  • お墓参り: お墓参りに行く際にも、花やお線香、故人の好物などを持参しましょう。

お供え物のマナー

  • お供えする場所: 精霊棚(盆棚)や仏壇に、丁寧にお供えします。
  • お供えする順番: 基本的には、五供(香、花、灯燭、浄水、飲食)の順に供えます。
  • お供え物の下げ方: お盆の期間が終了したら、お供え物を下げて、家族でいただきます。これは、ご先祖様と一緒に食事をするという意味合いがあります。

お盆のお供えは、故人を偲び、感謝の気持ちを伝える大切な行為です。形式にとらわれすぎず、心を込めてお供え物を選び、ご先祖様をお迎えしましょう。

お盆にしてはいけないことは?

お盆は、私たちのご先祖様がこの世に戻ってくる特別な期間であり、その供養と迎え入れを丁寧に行うための様々な習わしがあります。同時に、この時期には避けるべきとされる行為も存在します。

これらは、ご先祖様への敬意を表し、また、この世とあの世の境界が曖昧になる期間だからこそ、私たち自身を守るための知恵とも言えるでしょう。

殺生を避ける

お盆の期間は、すべての生き物の命を尊重する期間です。魚釣りや虫取りなど、生き物の命を奪う行為は慎むべきとされています。これは仏教の教えに基づいたものであり、ご先祖様の前で殺生を行うことは、大変失礼にあたると考えられています。

水辺での遊びを控える

海や川での水遊びは、この時期には避けるべきとされています。これは、お盆にはあの世とこの世の境界が曖昧になり、水辺には霊が集まりやすいという言い伝えがあるためです。

また、この時期はクラゲの発生時期と重なることもあり、水難事故のリスクが高まるという現実的な理由もあります。

結婚式や祝い事を延期する

お盆は故人を偲ぶ期間であり、結婚式や入籍、誕生日パーティーなどの華やかなお祝い事は避けるのが一般的です。これは、お祝いムードがご先祖様への供養の気持ちに水を差す可能性があるためです。

どうしてもこの時期に結婚式を挙げたい場合は、ご先祖様への報告と供養を丁寧に行い、盛大な宴は避けるなどの配慮が必要です。

口論や喧嘩をしない

ご先祖様の前で争いごとをするのは、大変失礼にあたるとされています。また、お盆の時期は、普段は穏やかな人でも、霊的な影響を受けて感情的になりやすいと言われています。

そのため、この時期はいつも以上に言葉遣いや態度に気を配り、穏やかに過ごすことが大切です。

夜間の一人歩きをしない

特に子供は、夜間の一人歩きをしないように注意が必要です。これは、お盆には様々な霊が彷徨っていると考えられており、子供は霊に憑かれやすいとされているためです。大人も、夜遅くの外出は控え、どうしても外出する場合は複数人で行動するなど、安全に配慮しましょう。

派手な服装を避ける

お盆には、黒やグレー、紺など、落ち着いた色の服装を心がけるのが良いでしょう。これは、故人を偲ぶ気持ちを表すためであり、また、霊に対して失礼のないようにという配慮でもあります。

特に、お墓参りや法事などの際には、派手な服装は避け、礼服やそれに準ずる服装を着用するのがマナーです。

その他

地域や家庭によっては、肉や魚を食べることを控える、引っ越しをしない、爪を切らないなど、様々な風習があります。これらの風習は、必ずしも全ての人が守らなければならないわけではありませんが、その背景にある意味や由来を知り、尊重する気持ちを持つことは大切です。

お盆は、私たちがご先祖様と向き合い、感謝の気持ちを伝える大切な期間です。これらの習わしを理解し、心穏やかに過ごすことで、ご先祖様を敬い、また、私たち自身も心身ともにリフレッシュできることでしょう。

【まとめ】8月のお盆は何日から何日まで?何をする?してはいけないことは?

8月のお盆は、ご先祖様への感謝の気持ちを伝え、家族と絆を深める大切な時間です。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ充実したお盆をお過ごしください。

お盆の過ごし方は地域によって異なるため、ご自身の地域のマナーや風習を尊重することが大切です。

分からないことがあれば、ご家族や地域のお年寄りなどに尋ねてみるのも良いでしょう。

お盆は、慌ただしく過ごすのではなく、ご先祖様とのつながりを意識し、ゆっくりと心静かに過ごしましょう。

お盆を通して、日本の伝統文化や家族の大切さを改めて感じられる時間となるよう、心から願っています。

タイトルとURLをコピーしました