本文へスキップ

ロータイプのテレビ台

ロータイプテレビボード(テレビ台) 

あなたが探している家具は?

>>テレビ台の背面に配線などがゴチャゴチャしていると、ホコリ等がたまって不衛生ですね。そんな時、テレビ台の背面に配線などを収納できるスペースがあると、見た目にもすっきり収まります。

正面置きタイプとコーナー置きタイプ(コーナーボード)の違い

正面置きタイプと、コーナータイプ

ではまず、コーナーボードのメリットから。
横幅をとらない

コーナーテレビ台を置く場合、テレビは斜めに置くことになります。

例えばテレビの幅が90センチあるとすれば、普通に置くと90㎝以上のテレビ台が必要になります。

ところがコーナーに置くと、90㎝幅のテレビを斜めに置くので、コーナーテレビ台の一辺が75㎝もあれば十分乗ります。



つまり斜めに置ける分、壁面を埋めてしまう幅が少なくて済みます。



さらにコンパクトなコーナータイプを選べば、寝室や子供部屋、一人暮らしのワンルームといった、狭いスペースにテレビ台を置く場合に助かることにも。
部屋を有効に使える

リビングにおけるテレビ台というのは場所を取るものですが、部屋の角にテレビを置ければ、それ以外の場所を有効に使えます。

部屋の角というのは、空いてる場合が多いので。その意味では、デッドスペースを効率よく使える、といえます。
ハイタイプでも圧迫感が出にくい

また角に物を置き背の高い家具をまとめると、壁の真ん中にドンと背の高いものを置くよりも、部屋を広く見せる事ができます。

(これは選ぶテレビ台や部屋の状況などにもよりますが)

とくに背の高いハイタイプテレビ台を考えてる場合は、コーナーに置くことでスッキリする場合も。
コーナーテレビ台のデメリット

そして気になるコーナータイプならではのデメリットです。
テレビが斜めになる

当たり前なんですが、テレビを角に置くとテレビは斜めを向きます。

テレビというのは液晶の方式に種類があるんですが、モノによっては斜めから見ることで画面の明るさが落ちてしまうタイプもあります。

基本的にテレビは真っ正面から見る事を前提に作られているだろうし、しょうがないんですが、コーナーに置く事でテレビが見にくくなる、ということです。

コーナータイプのテレビ台の欠点というよりも、テレビを斜めに置くことのデメリットですが。
ダイニングテーブルでは見にくい人も

そしてテレビに向かって、ソファを置いて見るといった使い方の場合はそれほど気になりませんが、ダイニングテーブルの場合、距離が近いと席によっては見るのがしんどくなる人も。

角側の席の人だと、ちょっと振り返る位になるかもしれません。
斜め置きだと奥行きが深くなる

テレビを斜めに向ける事で、正面から見た(壁面を埋めてしまう)幅は狭くなるといいましたが、逆に奥行きは普通のテレビボードよりも深くなります。

薄いのが売りの薄型テレビを斜めに置くのだから当然です。



上にも書いてますが、コーナータイプのテレビ台の一辺は、75㎝前後のものが多いのですが、横幅が75㎝なら、当然奥行きも75㎝です。

一般的な家具やテレビ台の奥行きは45㎝前後なので、他の家具と並べると30㎝ほど出っ張る訳で、それだけの奥行きが普通のテレビボードよりも必要だということです。
逆に場所を取る場合も

つまり幅は狭くなるんですが、奥行きは深くなるんです。

よく言われるように、コーナータイプだからといって必ずしも部屋を広く使えるという訳じゃないんです。幅が狭くなった方がいい人には適してますが、通路などを考えて奥行きが狭い方がいい人には逆効果になる事も。
大型テレビに対応していない

対応していないというよりも、それは無理といった方が正しいかもしれません。

例えば52V型のテレビだと、横幅が120㎝ほどになります。対角線上に120㎝のテレビを置こうとすると、コーナーテレビ台の一辺が85㎝ほどになります。

つまり壁にくっつけた時に、テレビ台が壁から85㎝のところまでくるわけです。

じゃまでしょうがありません…。



大型テレビに対応しているものとして、ちょっと奥行きの深いテレビ台でテレビを少し傾ける、という物ならあります。

が、いわゆる三角に近い形のコーナーテレビ台では、寸法の面でほとんど対応してるものはありません。

個室などにおすすめの「ローボード」テレビ台の特徴

ローボードは、やや背の低いテレビ台です。
箱型のものや、天板と脚を組み合わせたラック型のものが一般的で、テレビをポンとそのまま乗せたようなイメージの使い方をするテレビ台です。

ローボードタイプのテレビ台のメリット・デメリットは次の通り。
●ローボードのメリット
・価格が比較的安い
・スペースをそれほど必要としない
・床に座ったまま、低い位置から見やすい
・比較的小さく、スッキリした印象を与えられる

●ローボードのデメリット
・テレビ下の収納スペースが少ない
・ソファなどに座り、座高が高くなると少し見づらい
・シンプルな分、やや安っぽい製品もある
・ハイタイプに比べると強度に劣る

以上の特徴から考えると、ローボードはやや狭いリビングのお宅や、個室などにおすすめのテレビ台です。日頃から床生活が中心の方に適しています。

リビングにおすすめの「ハイタイプ」テレビ台の特徴

ハイタイプのテレビ台はやや背の高いテレビ台です。
100cm前後の脚がついたものや、クローゼットのように収納スペースが豊富なもの、
壁一面を覆うほどの大きさの製品などがあります。

●ハイタイプのメリット
・高さがあるため、ソファや椅子に座って見やすい
・重圧感や高級感を演出できる
・製品によっては、収納スペースが多い
・比較的大型で、強度が高い

●ハイタイプのデメリット
・価格が比較的高い
・配置するためにそれなりのスペースが必要
・床に座って低い位置から見づらい
・配線の整理や掃除がしにくい

ハイタイプテレビ台はリビングなど、ある程度広いスペースのある部屋におすすめです。
生活スタイルの観点では、椅子に座ることが多い方に向いています。



近年のテレビ台といえば、座ってラクに見られるローボードタイプが多い印象でしたが、大型の液晶テレビが普及した影響でさまざまなタイプのテレビ台が出回るようになりました。

なかでも、少し高さのある「ハイタイプ」にいま注目が集まっています。

ハイタイプのテレビ台の特徴といえば、備え付けの収納が多いこと。抜群の収納力で、日頃散らかってしまいがちなこまごまとした日用品もスッキリ収納できます。

また、テレビを中心としたインテリアの楽しみ方ができ、ホームシアターのような高級感を演出できますよ。
ハイタイプのテレビ台はどんな種類がある?

クエスチョン ? はてな
ハイタイプのテレビ台は、形ごとに大きく2種類にわけられます。

チェストタイプ

ロータイプのボードよりも高さがあり、テーブルに座ってちょうどいい高さで見られるのが特徴。ダイニングや寝室に使うのがおすすめです。テレビ台としてだけでなく、電話台やキャビネットとしても使えます。
★こんなおうちにおすすめ

・イスに座ってテレビを見ることが多い
・寝室にテレビを置きたい
・テレビ台以外としても使いたい
壁面収納タイプ

テレビの下だけでなく、両サイドと天井までの空きスペースを有効に使えるタイプです。テレビを中心に壁一面に収納スペースが作れるのでリビングで大活躍します。圧迫感が出やすいので、重たくなりすぎない色を選ぶのがポイントです。
★こんなおうちにおすすめ

・リビングの収納力をアップさせたい
・テレビを中心にインテリアを考えたい
・ホームシアターのようにテレビを楽しみたい

>>>https://tvnodai.com/yokonaga-358 記事参考に


ナビゲーション

 

▼ 当サイトでご紹介
している 家具通販店

【家具350】家具350家具350は、激安家具がそろって種類も非常に豊富!


【ii-na イーナ】ii-na イーナ北欧インテリアを扱う激安家具通販!売れ筋商品も多数!


【CCmart7】CCmart7値段も手ごろで、おしゃれなインテリア家具ショップ!


【LOWYA/ロウヤ】LOWYAロウヤLOWYALOWYAは、トレンド感のあるオリジナル家具がたくさん!


【ジパング.com】ジパング トップページ低価格・高品質なインテリア  コーディネート例も豊富!


【neruco/ネルコ】ベッド販売専門店「ネルコ」日本最大級のベッド専門の通販店!ベッド数がすごい!


【赤や/AKAYA/下村家具】赤や 下村家具奈良の老舗「赤や」は、おしゃれな家具が全国送料無料!


【イノベーションライフ】イノベーションライフ抜群に洗練されたデザインの高級家具サイトのご紹介!


【FLYMEe/フライミー】FLYMEe/フライミー日本最大級の家具通販サイト素材を大切にお洒落な家具!


【UNICO/ウニコ】ウニコ代官山の他にも全国に直営店も沢山。ハイセンスな家具!


TVボード|60インチテレビの設置が可能なTVボード(テレビ台)