本文へスキップ

おすすめの人気ベッド 通販で購入できる人気ベッド

おすすめの人気ベッド。通販で購入できる人気のベッドがたくさん!

ベッドの総合案内ページ / 通販で購入できるおすすめの人気ベッドです!

通販で購入できる人気のベッド・おすすめのベッドをご紹介!

ベッドは、大型の家具の一つですから後悔しないように慎重に選びたいものです。

このページでは、お探しのベッドが見つかりやすいように、ベッドをタイプ別に分類してご案内しています。


ベッドを種類で選ぶなら・・・

【フロアベッド】

フロアベッド(ローベッド)の良さは、部屋の視界が妨げられることがないため、部屋が広く見えることです。

部屋を開放的に広く見せたい。部屋をクールに仕上げたい。

そんな部屋作りのために、ロータイプでシャープなフロアベッド(ローベッド)のご紹介です。

【フロアベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

    続きはこちらに >> フロアベッド


【小型ベッド】・・・長さ180センチの小型ベッド

長さ180cmの短めの小型ベッドは、町の家具店ではなかなか見つかりません。

通常のベッドの長さは195〜200cmですが、大きなベッドは置けないという方もいます。

長さ180cmの短めベッドなら、部屋が狭くても置けるかもしれません。

【小型ベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

続きはこちらに >> 長さ180センチの小型ベッド


【シンプルなベッド】

シンプルなデザインのベッドは、直線と無駄を省いたデザインから構成されています。

そして、シンプルなデザインのベッドはいつまでも飽きがきませんし、部屋が広く見えます。

また、シンプルなベッドとはいっても、なかなか多機能なベッドもありますので、色々なベッドを探して、検討するのも楽しみです。

【シンプルなベッド】は、こちらでたくさんご紹介しています↓

続きはこちらに >> シンプルなベッド


【和室に合うベッド】

和室には、日本古来の布団を敷いて使うのがデザイン的には一番お似合いだと思います。

しかし、布団の上げ下ろしが大変、衛生的にベッドにしたい等の理由でベッドを置く場合、できるだけ布団に近い、ロータイプのベッドがお似合いです。

【和室に合うベッド】はこちらでたくさんご紹介しています↓

続きはこちらに >> 和室に合うベッド


【布団が敷けるベッド】

マットレスベッドのあのバネ感が嫌い。
マットレスベッドは、ふかふかしすぎ。
いつもお日様に干した清潔な布団で眠りたい。

こんな理由で、日本古来の布団はまだまだ根強い人気です。

しかし、埃などの衛生面を考慮すると、床から離れた位置にあるベッドにも利点があります。

【布団が敷けるベッド】は、こちらでたくさん紹介しています↓

続きはこちらに >> 布団が敷けるベッド


【すのこベッド】

すのこベッドは、ベッドの床面を通気性の良い「すのこ」で構成することにより、寝具の下部を新鮮な空気に触れさせ、寝具の湿気を発散させる構造となっています。

なお、すのこベッドのもうひとつのメリットは床材である「すのこ」の上に普通の敷布団を敷くことができることです。

これだと、今まで使っていた布団を使用できるため、マットレスを買う必要がなく、初期費用が安価です。

【すのこベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

続きはこちらに >> すのこベッド


【おしゃれなベッド】

女性用のベッドは、おしゃれでかわいいデザインがたくさんあります。

また、日曜日などは一日の大半をベッドですごすこともあるため、コンセントの有無や、収納スペースの有無、床面の通気性など、機能面や構造についても、しっかりチェックしましょう。

【おしゃれなベッド】の人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

続きはこちらに >> おしゃれなベッド


【収納付きベッド】

部屋にベッドを置くと他の荷物の置き場所がなくなります。

だから、ベッドを置きたくても置けませんとお悩みの方。

ベッドの下部のスペースを収納に利用しましょう。

【収納付きベッド】のおすすめは、こちらでたくさんご紹介しています!

 続きはこちらに >> 収納付きベッド


【二段ベッド】

二段ベッドを選ぶときは、お子様の好みを尊重することも大切だと思います。

自分たちで選んだ二段ベッドで、兄弟や姉妹でなかよく就寝する姿を見るのは幸せです。

そして、二段ベッドは、将来、子供時代から卒業し、2台のベッドとして使うことも考慮しましょう。

【二段ベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

 続きはこちらに >> 二段ベッド


【リクライニングベッド】

リクライニングベッドを選ぶ基準は、使う人にも、介護する人にも優しいベッドであることです。

そして、背上げ動作の円滑性や静音性にも気をつけて、確認しましょう。

また、サイドガードが付いているかどうかもチェックポイントです。

【リクライニングベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介!

 続きはこちらに >> リクライニングベッド


【安価なベッド】

マットレスベッドが緊急に必要な場合、まずネットを探しますよね。

しかし、なかなか見つからない場合、どこをさがすとよいでしょうか?

でも、探し方が分からない場合、なかなか見つからないのが1万円ぐらいのベッドです。

【安価なベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

続きはこちらに >> なるべく安価なベッド


【マットレスベッド】

マットレスベッド

マットレスベッドは、マットレスの下部に4~6個の脚部材を取り付けたベッドの構造から構成されています。

従って、比較的安価ですが、シンプルな美しさを持っていて、最近ではカラーリングも多彩ですので、お部屋のアクセントにもなります。また、友人が来たときには、簡易的な椅子の枠目を果たしたりもします。

【マットレスベッド】のおすすめは、こちらでたくさんご紹介しています!

続きはこちらに >> マットレスベッド


【パイプベッド】

最近、子供の身長が伸びたせいか、ベッドの長さが足りません。そんなとき、成長にあわせて、長さを調整できるベッドがあれば良いのにと思ったことはありませんか?

このような悩みを一挙に解決するには、長さを調整することができる伸縮式のベッドを設置することです。

【パイプベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

 続きはこちらに >> パイプベッド


【分割式ベッド】

分割式マットレスベッドの使用上の利点とは?

分割式マットレスベッドなら、狭い部屋にも入りそうだし、分割すれば狭い廊下や扉を通過するときだって、何とかなりそうです。

また、友達がきたときなど、来客の際には分割して簡易的なソファーとしても使えますから、とても便利です。

【分割式ベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

続きはこちらに >> 分割式ベッド


【ロフトベッド】

ロフトベッドの利点は、部屋のスペースを有効に利用できることです。

部屋が狭くてもベッドの生活を楽しむことができ、ベッドの下部の空間に机を置いたり、ソファーを設置することもできます。

それに、最近のロフトベッドはデザインにもこだわっていますので部屋作りのアイテムとして利用することも可能です。

【ロフトベッド】で おすすめの人気ベッドは、こちらでたくさんご紹介しています!

 続きはこちらに >> ロフトベッド


ベッドを通販店で選ぶなら・・・

ジパング.com

【ジパング・ドットコム(ジパング.com)】

家具通販サイト「ジパング・ドットコム(ジパング.com)」は、当サイトで一番紹介数の多い家具通販店です。

インテリア家具のジパング 売れ筋ランキングTOP5

インテリア家具の「ジパング・ドットコム(ジパング.com)」では、定期的に、ベッドやソファなど、各家具の売れ筋ランキングを発表しています。

下記は、「ロ―ベッド」に関する「売れ筋ランキングTOP5」です。

ジパング・ドットコムのロ―ベッド ランキング5

インテリア家具のジパング.comの「おしゃれなロ―ベッド」

下記の一覧は、インテリア家具のジパング.comの「おしゃれなロ―ベッド」です。

ジパング.com おしゃれなロ―ベッド

こちらをクリックすれば↓「ジパング.com」のベッドのページへ移動できます。

詳細 >> ジパングのおしゃれなフロアベッド・ランキング5


【関連記事】

ベッドに使用するマットレスの正しい使い方は?

睡眠の際に日本古来の布団を使用する人はまだまだ多いようですが、日本の住宅も次第に床構造となってベッドを設置する家庭が増えてきました。

このため、ベッドを購入する機会も増えてきましたが、ベッドは家具の中でも高価で大型の部類に入るため、ベッド選びに失敗すると、簡単に交換できるものではないため、十分検討して慎重に選びたいものです。

ベッドでマットレスを使用するメリット

マットレスは、その内部に設けられたスプリングで体重を分散して支持することによって身体を均等に支える役割を果たしています。そのため、スプリングの性能が悪いと、腰痛や肩こりの原因となります。

さらに、スプリングは体重の負荷を分散する他に、スプリングの反動を利用することで寝返りを楽にすることを可能とします。

ところが、スプリングは、金属製の弾性線材をコイル状に形成することで伸縮自在にした構造であるため、使用によって伸縮を何度も繰り返すと、金属疲労によって次第にヘタりが生じます。

そんなスプリングを上手に使用する方法は、自動車のタイヤの取り付け位置を交換する(所謂、ローテーション)と同じように、数カ月(例えば、四季の移り変わり)ごとに、マットレスの設置位置を表裏前後左右に入れ替えるようにすれば、長期間にわたって快適に使用できるといわれています。

しかし、それ以上使用すると、スプリングの弾性力にもかなり緩みが生じるため、約10年ごとにベッドの買い換えを検討する方も多いようです。

ベッドに設けられているマットレスの正しい使い方

ベッドの使い方として、マットレスの上に布団を敷いてその上で寝ている方もいますが、これはマットレスの使い方としては、正しくありません。

マットレスは身体の形状に合わせてスプリングが弾性変形することで、身体の各部位に対する負荷を分散する、という機能を持っています。従って、マットレスの上に布団を敷くと、このようなスプリングの機能を有効に発揮することができなくなります。

従って、マットレスの上にはベッドパッドを敷く程度にしておくことで、マットレスのスプリング機能を十分に発揮させるようにしましょう。

ベッドを通販で購入する際のチェックポイントは?

ベッドを通販で購入する際には、実店舗で購入するとき以上にチェックが必要です。人気のベッドというだけではなく、安全のためのベッドガードの必要かどうか。ベッドカバーやサイズの検討、マットレスの大きさ。

ベッド本体は木製か?金属製か?ベッドのヘッド部に棚が必要か、フラットタイプでよいのか。ベッドフレームの構造について。ロータイプのフロアベッドなら、部屋がすっきりと広く見えます。

ベッドパッドも必要です。収納付きベッドなら、部屋の荷物もかなり整理できます。ベッドは通気性にも気をつけましょう。

独り暮らしの場合は、部屋の大きさとベッドの大きさの関係にも注意しましょう。ベッドを購入したのに、搬入の際、ベッドが部屋に入らない場合や、通路、廊下を通らない場合、問題になります。

また、ロフトベッドや長さが短い180センチのベッドの設置も可能です。


ナビゲーション