本文へスキップ

マットとラグとカーペットの違い 選択をする際のポイント

マットとラグとカーペットの違いは?選択をする際のポイントについて

マットとラグとカーペットの違いは?

マットとラグとカーペットは、いずれも室内の床に敷く敷き物ですが、その広さが違うことで区別しています。広さの違いによって用途が異なるし、呼び方が違うというわけです。

マットとラグとカーペット 敷き物の区別

マットとラグとカーペットの違いを簡単に区別すると、

  • ・マットは、1畳以下の敷き物です。洗面所や脱衣所などのように、床の一部に敷きます。
  • ・ラグは、1畳から3畳未満の敷き物です。部屋の中でも、ダイニングテーブルの下に敷く、人が座ったり寝ころんだりというように、マットより面積が広い部分に敷きます。
  • ・カーペットは、部屋全体に敷く敷き物の総称です。

つまり、マットは床の狭い一部に限定して敷く、ラグは床の部分に特定の用途で敷く、カーペットは床全体に敷くというように、部屋の一部、又は部分に使用するか、部屋の全体に使用するのかの違いです。

マットの用途と選ぶポイント

マットを敷く場所

脱衣所、洗面所、トイレ、玄関、キッチンなど。

  • ・風呂上がりの水滴が床を濡らさないように、風呂場の床に敷く浴室用マット。
  • ・流しの前に敷くことによって、水分が床を濡らすのを防止したり、食器洗いの作業中に足が冷えるのを防ぐために足元に敷くキッチンマット。
  • ・玄関の上りの床に敷くことで、アクセント的なデザイン効果を狙ったり、足の汚れを取ったりする玄関マット。

マット

用途から分かるマットを選ぶポイント

  • ・汚れる部分い敷くことが多いため、容易に洗濯できること。
  • ・敷く面積が狭くて滑りやすいから、マットの裏に滑り止めが必要。
  • ・素足が直に触れることが多いため、夏と冬とでマットの素材を区別する。

(作業中)おすすめのマットをこちらにまとめました >> おすすめマット

ラグの用途と選ぶポイント

ラグを使用する場所

リビングやダイニングテーブルセットの床面、ソファを設置する床面、ベッドを設置する床面、居間などで座ったり寝転がったりする床面など。

ラグ

  • ・露出した床面のアクセントとして敷くことで、部屋のデザインに変化を与える。
  • ・ダイニングテーブルの下に敷くことによって、食べこぼしなどの汚れを防ぐ。
  • ・ベッドの下や足もとに敷くことによって、ベッドの脚部による傷付きや床の冷たい温度対策として敷く。
  • ・フローリングのキズを防止するために敷く。
  • ・こたつの下に敷くことで、腰下の温度対策、床面をソフトな感触にするために敷く。
  • 部屋の床に座ったり寝転がったりする際の冷たい感触、キズ防止、温度対策として敷く。

などとように、様々な用途によって、使い分けることができます。

ラグ

用途から分かるラグを選ぶポイント

  • 汚れやすい箇所に敷く機会が多いため、容易に掃除をしたり、洗濯をすることが可能な素材であること。
  • 比較的小型であるため、テーブルやベッド、ソファなどを上に載せない場合は、ラグの下面に滑り止めが付けられているのが望ましい。
  • 生活の住環境に影響を与えるため、夏と冬でマットの素材を分けるのが望ましい。

(作業中)おすすめのラグをこちらにまとめました >> おすすめのラグ

カーペットの用途と選ぶポイント

カーペットを使用する場所

フローリングの床面、リビングルーム、ベッドルーム、子供部屋、書斎等のように、歩いたり、座ったりする際の感触を良くし、防音や保温をするために部屋の床全体に敷く。

カーペット

用途から分かるカーペットを選ぶポイント

  • ・床面全体に敷くことで、部屋の印象に大きく影響するため、インテリアとしてのデザイン的なマッチングに注意をする。
  • ・足音の軽減をする防音対策として敷く場合の素材に注意する。
  • ・フローリングからホコリが巻きあがるのを防止するために敷くことができ、掃除器具の種類によって掃除をしやすいタイプにする。
  • ・冬の低温度を防止する保温効果や断熱効果に優れた素材を選ぶ。
  • ・素足で直に触れることが多いため、クッション性能を考慮して選択する。

カーペット

カーペットの場合、オールシーズンで使用したり、数年間敷きっぱなしの状態となることも多いため、カーペットの上に部分的にラグを敷くと、快適性が増し、長期間の使用にも適することになります。

(作業中)おすすめのカーペットをこちらにまとめました >> おすすめカーペット

マットとラグとカーペットの違いのまとめ

上記でも述べたように、マットとラグとカーペットは広さが違うことで区別していますが、用途に応じて、素材やデザインを上手に選ぶことがポイントとなります。


ナビゲーション