本文へスキップ

狭い部屋にも置ける小柄な人用の長さ180センチ小型ベッド

部屋の狭い方・小柄な方に、長さ180センチのベッド

狭い部屋や小柄な方に、長さ180cmの小型ベッド(ショートベッド)がおすすめ ♪

一人暮らしのインテリア「ジパング・ドットコム」で、人気NO1のショートベッドのご紹介です!

長さ180cmの短めの小型ベッド(ショートベッド)は、町の家具店では、なかなか見つかりません。

通常のベッドの長さは195〜205cmです。

そんな大きなベッドは、私の部屋に置けません、という方におすすめの長さ180cmのショート丈の小型ベッドです。

長さ180cmのショートベッドなら、部屋が狭くても置けるかもしれません。

小柄な方に 長さ180センチのベッド

長さ180cmのベッドは、単に長さが短いだけではありません。

このベッドは、マットレスの下に短めの6個の脚がついている高さの低い構造で、ベッドの両サイドで中央も支えているため、ベッドのたわみをしっかり抑えています。

脚の高さは15cmと22cmの2タイプだからベッドの高さを調整することが可能です。

ベッドをできるだけ低く抑えて部屋を広く見せたい方は、標準の15センチの脚がおすすめ。

ベッドの下部にスペースを確保して物をたくさん収納したい方は、22センチの脚がおすすめ。

小型のベッドであっても、高品質の設計だから、寝心地も抜群です。

このベッドは、ISO9001取得認証工場で製作した高品質ベッドで、日本紡績検査協会(ボーケン)の難しい検査に合格した、本格的ベッドです。

  • ★ベッド幅 シングル85p、セミシングル100p
  • ★脚の高さは15p、22p、30pから選べます。
  • ★ベッドカバー(敷きパッド)は、5色から選べます。

敷きパッド ボックスシート2枚 サービス

価格 ¥ 31,318 (本体¥ 28,999) 〜 ¥ 63,718 (本体¥ 58,999)

詳細はこちら >> 長さ180センチの小型ベッド

※ 単に安価なベッドは、使い始めは快適でも、長く使っているとクッションがへたったり、寝心地が悪くなったりします。ベッドは毎日使うものですから、ショート丈のベッドでも、できるだけ高品質のベッドを選びたいものです。

 ★短めのベッドだからお子様にも最適

このベッドを購入した人の口コミはこちらに >> 長さ180pのショートベッド

小柄な方に 長さ180センチのベッド 子供用にも最適

長さ180センチ ショート丈のベッド モカ

小さめサイズがちょうどいいショート丈北欧デザインベッド【moca】モカ長さ180pのベッド すのこのようなベッド面で通気性も良好

大きなベッドは私の部屋に置けません、という方におすすめの長さ180cmのコンパクトサイズのベッド。

布団が敷けます長さ180cmの短めの小型ベッドなら部屋が狭くても置けるかもしれません。

それに、ベッドの床面がすのこのような構造になっていて、普通の布団を敷くことも可能です。

もちろん、高品質のマットレスも同時に購入できます。

マットレスが嫌いな方や日本古来の布団が好きな方にもおすすめですし、ベッドフレームだけ安く購入したいという方にもおすすめです。

あとは、あなたの使い方次第です。最近はやりの低反発マットを置くこともできますし、お気に入りの布団を設置して毎日、布団を太陽の下に干すことだってできます。

価格 ¥ 36,718 (本体¥ 33,999) 〜 ¥ 72,358 (本体¥ 66,999)

詳細はこちら >> 長さ180センチのベッド モカ

モカ 長さ180pのベッド

長さ180センチのショート丈ベッド【Chiffon】シフォン

まるでフランス映画に出てきそうなシンプルでおしゃれな小型ベッドです。

ただし、このベッドの長さ180pというのはマットレスの長さで、ヘッドボードの長さは180pに入っていません。ですので、実際のベッドの全長は、ベッドボードを加えると、197pになります。なお、通常のマットレスの長さは、195pですので、やはりこのベッドは小型ベッドということになります。

このべっとの驚きは、ベッドの下部に引出しがついて収納可能になっている点です。

しかも、引出しが、左側か右側か、お好みの側に設定できるのも便利です。

たっぷりの収納力を持っていますので、部屋をすっきりとかたずけて、シンプルな生活を楽しめます。

しかも、マットレスの長さ180センチ(全長は197センチ)の小型ベッドだから、狭い部屋にベッドを設置したい方や、小柄な方にもおすすめです。

ベッドの下部に収納用の引出しがついているため、物の整理や下着や洋服を収納できるうえ、部屋のスペースを取らないから、部屋を広く使えます。マットレスのカラーは右のように5色。

カラーは、少しピンクが入ったようなホワイトウォッシュというもので、なんとなくピンクがかったシロ。

ヘッドの棚には、コンセントが2個付いていますから、多機能で素敵なベッドです。

価格 ¥ 44,278 (本体¥ 40,999) 〜 ¥ 83,158 (本体¥ 76,999)

寸法や値段はこちらをご覧ください >> シフォンの詳細

まるでフランスの映画に出てくるようなシロ系の小型ベッド


長さを調整できるベッドなら狭い部屋にも置けるし、小柄な人にも最適です

ベッドの長さ、150cm〜210cmまで調節可能。 子供から大人まで!

ここでご紹介するベッドは、

【Scelta】シェルタという名前のパイプベッドです。

このベッドは、ベッドの本体がスチール製のパイプで構成されています。

どうしても木製がよい、という人には、あまりお勧めできませんが、なかなかシックな感じのベッドで、シンプルな部屋にすっきりと合いそうです。

ベッドの長さが調整できるパイプベッド「シェルタ」なら小柄な人でも狭い部屋でも置けます。

スチール製のパイプベッド「シェルタ」の長さは、具体的にどれだけ長くなるの?

グーンと引き伸ばして最長210pのベッドだから、長身の人にも最適!

長さ調節が可能なベッド「シェルタ」は、10cm単位で7段階の長さに調節することができ、150cm〜210cmまで調整可能です。

ベッドの高さも2段階の調整ができます。

身長の低い人は低いなりに、身長が高い人は高いなりに、ベッドの長さを調整することができます。

また、子供にも最適で、成長に合わせて調整することができます。

長年の間、使用することも可能で、たいへん経済的です。

デザインもなかなかで、下の写真のように良い雰囲気で部屋に溶け込んでいます。

長さ調節が可能なベッド「シェルタ」はシックで、部屋にも合います。

価格は、 ¥ 32,398〜  

(※価格は変動することもありますのでご注意ください)

パイプベッドにしてはちょっと高いかなと思いますが、身長や部屋の広さに合わせて長期間使えるから、経済的です。

詳しくはこちらをご覧ください。

詳細は >> 長さが変えられるパイプベッド「シェルタ」


▼ 分割式マットレスベッド、ソファーにも利用できます

長さ180センチの分割式 マットレスベッド

分割式マットレスベッドの使用上の利点

長さ180センチのマットレスベッドだから、狭い部屋にも入りそうだし、分割すれば、狭い廊下や扉を通過するときだって、何とかなりそう。

友達がきたときなど、来客の際には、分割してソファーとしても使えます。

長さ180センチの分割式マットレスベッド

引越しの際 思わず助かったと思える分割式マットレスベッド

寸法を測ったのに、実際に運び入れる段になって、入らなかった!

こうなったら最悪ですね。この分割式ベッドなら、まず入らない廊下なんてないでしょうね。

入りくんだ廊下や狭い部屋にベッドを運ぶ際、この分割式ベッドなら、一人でも、らくらく設置できます。

だから、引越し等の予定のある方には特にお勧めです。

好みに合わせて3つのカラーバリエーションから選べる分割式マットレスベッド

分割式マットレスベッドのサイズは?

  • 【本体】幅:85cm 奥行(長さ):180cm 高さ:40cm  脚高:20cm
  • 【梱包】幅:85cm 奥行:97cm 高さ:41cm(2個口)
  • 【重量】約25.5kg

分割式マットレスベッドのお値段は?

送料込みで、販売価格22,200円(税込)

(値段は変わることもありますので、購入の際にはご確認ください)

その他の詳細はこちら >> 分割式マットレスベッドの詳細


↓安価な分割式マットレスベッドなら、これがおすすめ!

安価な分割式マットレスベッド。なんと、13800円

脚付き分割マットレスベッドが、13800円で!

脚付きの分割式マットレスベッドが、なんと!

ただし、このベッドは長さが195センチという標準タイプです。

しかし、 13800円!これで送料無料!ということでご紹介させていただきました。

分割タイプですから、1個のベッドの長さは、97.5センチです。

安価な分割式マットレスベッド

この分割式マットレスベッドは、ポケットコイルを腰位置に使用しています。

これは、賢い方法ですね。

ポケットコイルは、複数のコイル式バネを縦方向に並べて、身体の部分的な凸部を吸収してくれます。

だから、特に腰位置にポケットコイルを使用しているのは、ポケットコイル式の利点を生かすのに、上手な方法だと感心します。

分割できるから、移動や引越しの際にも便利です。

これなら小型のエレベータに入らないという問題も起きません。

また、分割した状態で、室内に自由に配置して椅子の代わりに使うこともできます。

詳細はこちらに >> 安価な分割式マットレスベッド


【関連記事】

ショートベッドを選択する場合の注意点

長さの短いショートベッドについて

ショートベッドは、ヘッドから足元の方向への長さが短いベッドのことです。

通常、ベッドの長さといえば、マットレスの長さにヘッドボードを加えた全長を言いますが、ショートベッドの場合は、できるだけ小型にするため、ヘッドボードがないベッド、つまりマットレスだけで構成され、一般的なベッドよりも30cmぐらい短くなります。

下の写真は、ショートベッドの例で、長さが180センチのマットレスベッドになります。

長さ180pのショートベッド

なお、最近では、マットレスベッドのほかにも、上記でご紹介したように、色々なタイプのベッドが販売されるようになっています。

ショートベッドのメリットは、スペースが狭くても置けること

ショートベッドの場合、長さが約180センチです。すると、ショートベッドは、ヘッドボードの付いた通常のベッドの長さ210センチよりも30センチも短いことになります。

今まで部屋が狭くてベッドが置けなかった理由としては、ドアが当たって開かないとか、部屋の柱が当たって置けないとか、とにかく部屋が狭いとか、いろいろな理由があると思います。

しかし、布団等の寝具を敷くスぺースがあれば、ショートベッドも置けますから、設置スペースの点では、かなり融通が利くことになります。

小柄な人に最適

長さ180pのショートベッドの場合、販売店では、身長160p以下の方に最適とされています。日本人の成人男性の平均身長約170cmの人が、一般的な長さ195cmのマットレスを使用すると、25cmの差となります。

ですので、長さ180pのショートベッドに身長160pの人が使用すると、その差20pとなって、少し窮屈さがあるかもしれません。しかし、身長155pの人の場合、その差25pとなって身長約170cmの人が長さ195cmのマットレスを使用するのと同じ感覚となります。

ところが、身長175pの人が長さ195cmのマットレスを使用すことを考えると、その差20pで、身長160pの人が長さ180pのショートベッドを使用するのと同じ感覚になります。

このようなことを考えると、身長160p以下の人が長さ180pのショートベッドを使用するのは、少しも不自然ではない、ということになります。

ショートベッドのデメリット

ショートベッドのデメリットは、使用者の身長との関係で、その長さが問題になることがあるという点です。

子供用に、ショートベッドを購入した場合、その身長が160pを超えるようになると、窮屈さを感じることになるでしょう。この場合、上記でご紹介したように、長さが調整可能なベッドも販売されていますので、選択肢の一つにすることができるかと思います。

また、長さ180pのショートベッドの場合、その種類が少なく、デザイン性の多様性に欠けるという欠点があります。しかし、この点は、上記でもご紹介したように、最近では、色々な種類のショートベッドが販売されるようになりましたので、通販を利用すれば、お気に入りのショートベッドが見つかるかもしれません。

ショートベッドを購入する際の注意

長さの短いショートベッドの場合、やはり使用者の身長との関係で無理なく選択するのが賢明だと思います。ですので、身長が160p以下の小柄な人ならおすすめです。

ショートベッドを選択すると、部屋が狭い場合は、ベッドを設置することが可能になったり、部屋が広い場合でも、圧迫感が少なくベッドを使用することが可能となります。

>> ベッドの総合案内ページへ戻る(ベッドをタイプ別に分類)


  • はてなブックマークに追加

ナビゲーション